女子 硬式テニス部            女子テニスへ


2018年度 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月

2017年度 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月

2016年度 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月

2015年度 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 12月 1月 2月 3月

2014年度 4月 5月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月


2018年度

11月

14日・18日 1年生大会が実施されました。14日の県民の日にリーグ予選。18日(日)に本戦トーナメントが実施されました。まず14日の予選リーグは浦和西・春日部共栄・不動岡・所沢商業の4校で実施されました。対春日部共栄は2−1で勝利、浦和西には0−3で敗退しましたが、対不動岡も2−1で勝利し、予選を2位で通過し本戦トーナメントに進出しました。本戦トーナメントは智光山テニス公園で実施され、1回戦で与野高校に1−2で惜敗しました。昨年度は予選リーグで敗退したので今年は本戦まで進めて良かったです。来年度も部員さえ確保できれば本戦トーナメントで勝ちあがるところまでがんばりたいです。

10月

6日 新人大会西部地区予選(団体)が実施されました。4校ずつのブロックに分かれトーナメントを実施しブロック優勝すれば県大会に出られます。所沢商業はシードになっていたので順調に力が出せれば県大会に出場できる可能性はありましたが、1回戦は市立川越高校に3−0で勝利しブロック決勝は川越初雁高校と対戦しました。シングル1,2は共に6−2、6−3で勝利し2勝しましたがダブルス1,2共に4−6でとられ、シングル3で勝敗が決まることになりました。シングル3は4−6で敗退し2勝3敗で敗退しました。ダブルスの力不足と相変わらずチャンスボールのミスが多く、そしてナーバスになると足をしっかり動かしてしっかり打てなくなる典型的なうちの弱点が出ました。うちに足りないのは相手に向かっていく姿勢、覇気が足りないと思います。通常の練習から声出し、返事を今もやっていますがもっと徹底してやっていきたい。そしてフットワークの強化、ダブルスの強化を図っていきます。これで団体戦も5回連続(部員不足で不出場含む))して県大会に出場していないです。負けることになれた集団にはしたくないです。

9月

8日 新人大会西部地区2次予選(個人)が実施されました。本校からは近藤(2年情報処理科)と坂本(2年国際流通科)が共にシングルスブロック3位で2次予選に進出しました。今回は2回戦を突破すれば県大会が決まる状況でしたが坂本は1回戦坂戸高校の選手に4−6で敗退。近藤も同じく坂戸高校の選手に6−7のタイブレイクで敗退し県大会は出場できませんでした。会場が入間運動公園と所沢総合運動場に分かれたため最初に入間運動公園に行き、1試合見てから所沢総合運動場に向かったのですが近藤の試合には間に合いませんでした。でも2人ともよく頑張ったと思います。これで新人大会の団体戦の方も地区予選から出場することになりましたので月曜日から団体戦に向けて練習したいと思います。これで春夏合わせて5回連続(2年半)して県大会に出場していないので顧問としてはそろそろ県大会に出たいなと持っているのですが、やるのは選手なので選手が本気になって勝ちにこだわってほしいなと思います。

8月

17日・18日・19日 新人大会西部地区1次予選(個人)が実施されました。本校からは近藤(2年情報処理科)と坂本(2年国際流通科)が共にシングルスブロック3位で2次予選に進出が決まりました。本音を言えば2位以上で通過したかったのですが3位での通過になりました。2年前は部員が1名しかいなく、ダブルスにも出場できず昨年は部員が4名になりましたが全員1次予選敗退。それを考えれば今年は部員が9名になり、個人戦だけでなく団体戦にまで出場できるようになり、2次予選にも進むことができたのは喜ぶべきことだと思います。せっかく2次予選に進めたので、少し夏休みを取り、また8月後半から9月8日の2次予選に向けて練習したいと思います。応援ありがとうございました。

7月

15日 入間地区大会が実施されました。この大会は学年別のシングルの大会です。2年の近藤、1年の山田が3回戦まで進出しました。残りは残念ながら2回戦までで敗退してしまいました。次は25日からとんぼカップでダブルスの試合があります。少しでも上位を目指し練習します。

22日 東野高校で技術講習会に参加してきました。この技術講習会も36回を迎え1年に2回実施しているので18年を超えました。第1回から参加していますが毎年充実した講習会になっています。今年は猛暑のため例年に比べ時間を短縮して実施しましたがそれでも暑かったです。この技術講習会の内容が生徒のテニスの技術向上や試合結果にでるよう練習していきます。

技術講習会集合写真












25日・26日 所沢中央高校とふじみ野高校で25日にダブルスの予選リーグ、26日にダブルスの本戦トーナメントが実施されました。本校からは4ペア出場し3ペアが本戦トーナメントに進出しましたが、本戦トーナメントは2回戦で全ペア敗退してしまいました。やはりフットワークが悪く手打ちが目立ち安定感が足りませんでした。練習でフットワークと体全体を使って打つ練習を徹底しないと勝てないと痛感しました。またやり直します。

6月

17日 今日は所沢北・所沢中央・所沢西・西武文理・ふじみ野・西武台と合同練習試合を実施しました。所沢商業高校は1年生の会場になったので試合のやり方、審判のやり方、スコアカードの記入方法の練習もかね練習試合を実施しました。自分が想像していたよりもどこの高校もテニスができ充分な練習試合になりました。ここから夏の本番に向けて頑張りたいと思います。

24日 今日は川越運動公園で西部地区の技術講習会がありました。男女合わせて100名を超える生徒を各高校から集めダンロップと契約している石田プロに来ていただき1日講習を実施しました。基本練習が中心でしたが通常の練習にも取り入れていきたいと思います。

5月

2日 今日は新しいラケットやシューズが届きました。そして新しく1年生が1人女子テニス部に加入してくれました。これで全部員で9人になりました。3年生は1人なので引退しても8人なので個人戦はもちろん団体戦も全て出場ができます。あとは夏の新人戦に向け練習するだけです。新1年生の活躍に期待します。

4月

29日 学総体育大会西部地区予選団体戦(D1・S2)が終了しました。女子は県大会出場残り4校を目指し13校で戦いました。本校は第4シードに入れたので実力的には県大会に届く位置にいましたが、あと1勝すれば県大会に出場できるという所でまたしても1−2で朝霞西高校に敗退してしまいました。練習ではダブルスの練習を多めにやっているのですがダブルスが勝てないのが敗因の1つだと思います。あとは試合でのショットの安定感だと思います。あたり前なことですが練習でできることが試合になると凡ミスをしてしまいます。強い学校と試合をして試合慣れすることと、チャンスボールをしっかり決めることを課題にして夏に向け努力していきたいと思います。残念ながら3年生がこれで試合は引退です。ただまだ練習には参加してもらい後輩を鍛えてもらいたいと思います。

  
大会前諸注意                 試合前円陣                 試合終了後集合写真

17日 本日は1年生の部活登録の日でした。4人の初々しい部員が入部してくれました。まずは高校生活になれ勉強も部活も頑張ってください。みんなで力を合わせて頑張りましょう。

14・16日 学総体育大会西部地区予選個人戦が終了しました。シングルスはあと1勝すれば県大会出場に2名が残りましたが残念ながらあと1勝ができずに県大会に進めませんでした。でも2年生が成績を残しました。まだ、29日に団体戦の西部地区予選があります。団体戦では県大会に進めるよう練習したいと思います。そして個人戦は夏の新人戦に向けて頑張りたいと思います。

テニス部顧問 丸山より

 所沢商業に異動し5年が過ぎました。昨年度は部員が1名から4名になりました。公式戦でも個人戦では全員勝利をあげることができ、12月の西部地区団体戦ではU部ながらベスト4に残ることができました。今年度も最初の目標は部員増加です。新1年生の皆さん是非、所沢商業硬式女子テニス部に入部してください。部員一同大歓迎します。そして部員がもし増えることが出来たら、次の目標は県大会出場です。新2・3年生はかなり技術も向上してきました。また部員同士の仲良し度もどこにも負けません。練習内容や環境も充実しています。卒業時に部員が所沢商業女子硬式テニス部に入部して良かったと思ってもらえるよう、またテニスだけでなく人間としても成長できたと思えるよう指導していきます。今年も保護者の皆様も含め、ご協力よろしくお願いします。

2017年度

3月

18・21・26・27日 とんぼカップ(シングルス)に出場しました。18日の予選リーグを勝ち、21日の本戦トーナメントに進みましたがが、天候不良で残念ながら本戦トーナメントは中止になりました。26日は大島杯(ダブルス)、27日は大島杯(シングルス)に出場しました。残念ながら3回戦までに全員が敗退し上位には進めませんでしたが、4月の西部地区予選に向け練習したいと思います。

2017年度は部員が1人から4人になり全員公式戦にも勝つことができ、12月の西部地区団体戦ではU部ながらシード校を破りベスト4に残ることもできました。まだまだ人数も少なく危機的状況には変わりないですが、部員が1人の時に今まで気付かなことに気付けたり、大会や試合、特に団体戦に出れることの喜びを感じた1年でした。生徒は毎日一生懸命連しているので2018年度の4月の大会では少しでも上位に進めたらと思っています。2018年度が良い年になればなと思っています。

2月

11日 技術講習会に参加してきました。早速練習に取り入れようと思います。

   

1月

7日 西部地区団体戦3位決定戦(AU部)が智光山公園で実施されました。対戦相手は朝霞西高校でした。結果は0−3で敗退し4位が決定しました。まだまだ力不足でした。ただ、昨年度人数が1名で代表戦に参加することすらできなかったことを考えれば選手は全員頑張ったと思います。特に1年生が頑張りました。4月に入部した時は全然打てなかった選手が、今では所沢商業の1番手で試合に出場しています。12月の試合では県大会に出場した選手にも勝つことができました。部員は4人しかいませんが、一生懸命練習して春の大会では所沢商業女子旋風が起こせるよう努力したいと思います。

12月

17日 西部地区団体戦が智光山公園で実施されました。このトーナメントはAT部8チーム、AU部18チームでトーナメントを実施します。所沢商業は昨年度は、部員が1名のためAトーナメント(各校代表チーム)には参加できず合同チームとしてBトーナメントに出場しました。今年は部員が4名のためAU部トーナメント(D1・S2)に参加しました。2回戦で第3シードの坂戸高校に2−1で勝利し、3回戦も所沢中央高校に2−1で勝利しベスト4に進出しました。準決勝では聖望学園に0−3で敗退しましたがベスト4になったため1月7日の3位決定戦に進出することになりました。運が良ければ2位決定戦もあるため、まだ準優勝になる可能性もあります。しっかり練習し3位決定戦の対戦相手朝霞西高校に挑戦したいと思います。選手は頑張りましたが、まだまだフットワークが足りず手打ちが多かったり、チャンスボールのミスなどつまらないミスも多かったです。そこを少しでも調整し年明けの試合に臨みたいと思います。ただ、去年を考えれば大きな変化だと思います

11月

3日 1年生は1年生大会団体戦予選リーグ、2年生は川越初雁高校に練習試合に行ってきました。1年生は3人しかいないため市立川越高校と川越初雁高校と所沢商業高校の3校合同チームで参加しました。鴻巣と三郷・越谷総合の合同チームと埼玉栄の4校でリーグ戦を行いました。3勝で埼玉栄が1位、残り3校は1勝2敗で3チームが並びましたがゲーム取得率で4位となってしまい予選リーグ敗退となりました。2年生は1人しかおらず1人で川越初雁・富士見高校と3校で合同練習試合を実施しました。2年生中心の練習試合だったため人数も少なく所沢商業の選手は8試合も実施できました。文化祭・体育祭そして修学旅行や中間考査と続いたため夏休み以降全く試合をやらずに臨みました。結果は良くなかったですが体は試合になれたようでした。これで行事も一段落したので年内の練習に集中したいと思います。

10月

29日 有明コロシアムまで全日本テニス選手権を観戦してきました。台風が接近する中の悪天候でしたがセンターコートは開閉式になっているので少し寒かったですが問題なく観戦できました。試合は天候とは違いとても熱い試合でした。選手の一人は秀明英光高校卒業で埼玉県行田市出身の日清紡所属の第5シードの江原選手、もう一人は全日本初優勝を目指す第2シードの大会スポンサーでもある三菱電機所属の高橋選手でした。本当に2人とも熱く、メンタルの強い選手でした。1セット目は江原選手が6−0で取り、江原選手ペースで始まりましたが2セット目から高橋選手の1stサーブが決まりだしプレーも粘り強くアンフォースドエラーも減り6−4で高橋選手が取り、1−1になり第3セットも接戦の末7−5で取り2−1で高橋選手の逆転勝ちでした。本当に2人ともサーブ、ストローク、ボレー、フットワークメンタル全てが素晴らしかったです。世界でも充分通用する可能性を感じました。その後、女子のダブルスも観戦し帰宅しました。プロの試合を観戦し、少しでもまねできたらいいなと思い、今後の練習に生かせればなと思いました。

      
 
      

9月

30日 新人大会西部地区予選(団体戦)が実施されました。新人大会の団体戦はシングル3・ダブルス2の計5で3勝した方が勝ちという形式で実施されます。本校は部員が4人(4人が出場最低本数)のためシングル2本・ダブルス1本で参加しました。足りない分は、すでに負けが確定しているため非常に厳しい戦いでしたが昨年度は部員が1人のため参加できなかったことを考えれば、まずは参加ができただけ良かったです。結果は1回戦で富士見高校(富士見高校も部員が6人)に1対3で敗退しました。シングル1は6−2で勝利しましたがダブルス1とシングル2が共に敗退し負けてしまいました。テニスは互角でしたが声出しや気持ちを前面に出すという所で若干押されてしまいました。団体戦では人数が少ないと押され気味になってしまいますが人数が少なくても、1番大切なのは1人1人が気持ちを前面に出すということだと思うので、あたり前なことですが練習から1球1球気持ちを込めて練習しメンタル面でもタフになって次回の試合に臨みたいと思います。

8月

17・18日 新人大会西部地区1次予選が実施されました。天候が心配されましたがなんとかシングルス・ダブルス共に終了しました。昨年度はシングルスに1人が出場しただけで1勝もできませんでしたが、今回はシングルス・ダブルス共に出場でき2勝をあげられました。2次予選には1人も残ることができなく残念な結果でしたが所沢商業の選手の足りないところが見つかったのでまた練習に生かしていきたいと思います。応援ありがとうございました。

11日 所沢中央高校で所沢中央・川越女子・坂戸・ふじみ野・所沢商業で練習試合を実施しました。結果は5勝5敗でした。昨年度は部員が1名で夏休みの練習試合はほとんど実施できませんでしたが、今年は合同練習試合の形でしたが5日間ほど実施できました。17日から始まる新人大会西部地区1次予選につなげていきたいと思います。

10日 所沢北高校で所沢北・坂戸・新座柳瀬・所沢商業で練習試合を実施しました。結果は5勝4敗でした。

7日 所沢商業で狭山ヶ丘・東野・所沢商業で練習試合を実施しました。結果は8勝2敗でした。

4日 市立川越高校で市立川越・西武文理・所沢商業で練習試合を実施しました。結果は6勝6敗でした。

2日 入間向陽高校で入間向陽・川越女子・坂戸・所沢中央・所沢商業で練習試合を実施しました。雨が降ったりやんだりと気候は安定しない中での試合でしたが8勝2敗とまずまずの結果を残せました。練習の成果は確実に出てますので、今後も継続してフットワークの強化、サーブ・レシーブの安定化、ボレーの強化を図って8月17日から始まる西部地区1次予選に向け体調を崩すことなく全員でチーム力を高めていこうと思います。

7月

26・27・28日 23日にとんぼカップの技術講習会があり26日から夏のとんぼカップが実施されました。夏のとんぼカップはダブルスの試合です。所沢商業高校からは今年は2ペア出場しました。26日は雨天順延となり27日にふじみ野高校で女子T部の予選リーグが行われました。廣瀬・春宮ペアが1位通過で近藤・坂本ペアは2位で翌日の本戦トーナメントに進出しました。28日に女子は東野高校でT部U部合体で本戦トーナメントを行いました。廣瀬・春宮ペアは残念ながら2回戦で敗退。近藤・坂本ペアは3回戦で敗退しました。残念ながら上位に進出はできませんでしたが昨年度ダブルスに出れなかったことを考えればまずまずの結果でした。今後はサーブの安定感やボレーの技術向上、フットワークの向上をを目指し練習したいと思います。本戦の結果は1位が埼玉平成ペア、2位が聖望ペア、3位が所沢中央ペアでした。

23日 とんぼカップの技術講習会に参加してきました。この技術講習会も34回目となり、私は顧問として1回目から参加しているので思い入れの強い講習会です。ラケットショップに協力していただいて毎年大変わかりやすく、テニスの核を初心者にもわかりやすく的確に指導していただいて17年目に突入しました。この練習会からたくさんの県大会出場者が出ているので所沢商業女子テニス部も部員をもっと増やし、早く県大会に復活できるように通常の練習に取り入れていきたいと思っています。
  

16日 入間地区大会が実施されました。この大会は学年ごとに200名程度が参加するシングルスの大会です。2年生は残念ながら1回戦で惜敗してしまいましたが1年生が全員3回戦まで進出できました。26日からは、とんぼカップというダブルスの大会があります。8月から始まる西部地区予選に向け調整をしていきたいと思います。

9日 入間向陽・所沢中央・所沢北・和光国際・所沢商業の5校で合同練習試合を実施しました。昨年度女子は部員が1人しかいなかったため1年間単独での練習試合はできなかったので1年ぶりの練習試合でした。気温が異常に高く熱中症等も心配されましたが全員元気に練習試合をしてくれました。結果も1年生中心のメンバーなのであまり勝ちにこだわってはいませんでしたが8勝6敗と勝ち越せました。これから夏休みに入り練習試合や地区予選も始まります。昨年度は公式戦でほとんど勝てなかったので昨年度の分も取り返したいなと思っています。

6月

4日 所沢北高校で審判講習会に参加してきました。高校の硬式テニスは、数少ない生徒が審判をする競技です。だからとても審判技術は大切になります。試合に参加する条件も審判ができるということが条件になっています。しかし残念ながら生徒の審判技術は低いです。ミスジャッジも多くありますし、特に問題は、ジャッジに一番大切な声が小さいことです。審判が試合のコントロールをするという意識を持つ生徒もほとんどいません。本校の生徒は、普段からテニスの技術だけでなく審判の練習や声出しもしています。それでもまだまだです。そういったことを懸念して埼玉県では東西南北に分かれ埼玉県の審判部が年に一回審判講習を開催しています。今回は所沢北高校で午前約100名、午後約100名のテニス部員を集め講習会をやりました。1時間30分の室内講習と1時間30分のオンコートでの実技講習です。少しは生徒も自覚を持ってやっていましたが、大切なのは学校に戻ってから継続することです。夏には大会があります。少しでも成果があるといいなと思っています。審判の技術が上がるとテニスの技術も向上します。少しでも埼玉県のテニス部員の審判技術が向上すればと審判部に所属する私は思っています。テニス部員、各高校の顧問の先生よろしくお願いします。
      室内講習風景

4月

29日 新1年生が3人入部してくれたので公式戦の団体戦に1年ぶりに出場しました。和光国際高校と対戦し1回戦で敗退してしまいましたが1年生も硬式テニス歴1週間で頑張ってくれました。ストローク、ボレー、サーブ練習を一通りやり、ラリー練習、試合形式の練習をし、硬式ラケットを購入し、試合のやり方、審判のやり方、団体戦のやり方、スコアカードの記入の仕方を指導し試合に出しちゃいました。結果は敗退ですが、夏の大会に向けて1歩を踏み出すことができました。ここから新生所沢商業女子硬式テニス部がスタートします。

18日 新1年生の部活登録が実施されました。新入部員は3名でした。人数は少ないですが昨年度は1名だったので3倍に増えました。まだ全体で4名の小規模な女子硬式テニス部ですがチームワークだけは負けないので明るく元気に練習します。まずは公式戦1勝します。

15・16日 学総個人戦が実施されました。本校からはシングル1名、ダブルス1組出場しました。部員が1名しかいないのでダブルスは春休みに体験入部に来てくれた新1年生を3日間指導し強行出場させました。S・D共に1回戦で敗退してしまいましたが新1年生も一生懸命ボールに食らいついてくれました。昨年度は公式戦で1勝もできなかったので今年度は、まず公式戦1勝を目指し基本からやり直していきたいと思います。正しい努力は必ず報われると思うので目先の結果に一喜一憂せず努力していきます。少人数でやっていますが部員を信じ、みんなで力を合わせてやっていこうと思います。応援よろしくお願いします。

テニス部顧問 丸山より

 所沢商業に異動し4年が過ぎました。昨年度は部員1名で1年間やり通しました。公式戦では1勝もできませんでしたが、勝利以外の部分で今まで気付けなかったことに気付けたり色々経験もできました。この経験を生かし今年も頑張ります。今年は、何人かは入部してくれる見通しです。チームワークだけは、どこにも負けない自信があるので卒業時に部員が所沢商業女子硬式テニス部に入部して良かったと思ってもらえるよう、またテニスだけでなく人間としても成長できたと思えるよう指導していきます。
 今年も保護者の皆様も含め、ご協力よろしくお願いします。
 

2016年度

3月

12日 3年生の送別会を学校で実施しました。3年生お疲れさまでした。今年の卒業生の進路は、全員就職で信用金庫、民間企業の事務2名・飲食1名・ホテル1名・看護師1名・美容関係1名でした。4月から新しい環境になりますが所商テニス部魂で頑張ってください。失敗することもあるでしょうが必ずできます。気分転換がしたくなったらテニス部に顔を出してください。
 

19・20日 とんぼカップが実施されました。この大会は西部地区の有志の学校が集まって開かれる合同練習試合です。本校の生徒は、U部に参加しました。19日の予選リーグは1勝1敗で2位通過し20日の本戦トーナメントに進出しましたが残念ながら1回戦で敗退してしまいました。また、練習します。

とんぼカップの本戦トーナメントはこちら とんぼカップ

1月

8日
 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。本日は、新人大会西部地区団体戦のB2位トーナメントが入間向陽高校で実施されました。予選リーグを2位で通過した13チームでトーナメントを実施しました。ドローは、完全抽選で所沢商業女子は市立川越Dチームとして出場し、1回戦は坂戸Cチームと対戦、惜しくも敗退してしまいました。これで2016年度の試合はすべて終了しました。

2016年度は、本当に苦しい1年でした。部員が1名しかいないため練習はもちろん、コート整備、ボール拾いといったすべてが大変でした。練習試合も、どこかに混ぜてもらわなければできませんし、公式戦も個人戦はシングルのみで団体戦もどこかに合流してルール的に認めてもらえる試合しか参加できませんでした。対戦成績もシングルスは、1勝もできませんでした。私もテニス部の顧問を20年以上していますが、部員1名というのは初めての体験で非常に勉強になりました。また、部活動の意義や部員の大切さも考えさせられました。4月に新入部員が少しでも多く入部してくれることを祈りつつ、2月3月練習したいと思います。また、1人で1年間頑張った部員も褒めてあげたいです。よく頑張りました。本当にいい部員です。部員とも話しましたが、今年は公式戦でシングルを絶対に1勝以上できるよう部員・顧問共に努力していきたいです。

12月

23日 新人大会西部地区団体戦が智光山公園テニスコートで実施されました。所沢商業女子は、現在部員が1名のため代表戦(A)には出れずにレギュラー以外の選手が出場するB戦に市立川越Dチームに合流し出場しました。本日は、予選リーグで所沢中央Bと和光国際Dと対戦し1勝1敗で2位となり1月8日に実施されるB2位トーナメントに進みました。

11月

3日・14日

1年生大会に出場しました。今年は、1年生が1人しかいないので昨年同様出場を諦めていましたが、所沢北高校が2チーム出場するには1人足りないということで所沢北・所沢商業の合同チームで出場しました。3日に予選リーグが行われましたが、前日の雨の影響でコート条件が悪く試合開始が遅れ1勝1敗で日没サスペンデッドになりました。残りは、14日に順延になりました。同リーグは混戦で残り1試合の勝敗で1位から4位までの可能性があります。まずは予選突破を目指し、本戦トーナメントに出場できるように頑張りたいと思います。

14日に大宮第2公園で予選リーグの続きがありました。所沢商業&所沢北チームは、勝利し2勝1敗となりましたが4チーム中3校が2勝1敗で並び得失ゲーム数で残念ながら3位となり、本戦トーナメントには進めませんでした。でも選手は、団体戦は勝ち方や負け方も勝敗に関わってくることを体験でき、勉強になったと思います。今は、部員が少ないので団体戦は他校と合同チームでないと出場できないので試合が体験できただけでも良かったと思います。次回は単独チームで出場できるように部員を集めたいです。

大会前諸注意

9月10月

9月・10月は、本来なら県大会(個人)の2次予選や県大会(個人)、県大会(団体)予選、県大会(団体)等テニスの試合盛りだくさんなのですが、今年は残念ながら部員が1人しかいないため個人戦しかエントリーできず、しかも夏の予選で敗退しているため1つも試合が出来ずにずっと学校で基礎練習を繰り返してきました。そのため特にウェブページにアップすることが見当たらず作業を怠っていました。ただ、やっと11月に1年生団体戦に所沢北高校(Bチーム)と合同で出れることになったので、今はそこで勝利することを目標に練習しています。うちのたった1人の部員も脚力や体力や基礎的ショットはついてきたので、あとは戦う姿勢がついてくれば必ず勝利できると思います。ウェブページ更新作業をさぼっているわけではないのでたまには見てくださいね。練習の予定等は更新しています。

学校は、毎日目まぐるしく動いています。3年生は、9月16日の就職解禁以来、毎日のように採用試験、結果報告が繰り返されています。10月に入り就職内定者は100名を超えました。10月からは、進学者の試験が本格化します。9月30日・10月1日は文化祭が大盛況で、6日には体育祭が晴天の中、これまた大盛況で実施され13日からは2年生が沖縄に修学旅行に行ってきます。そして25日からは中間考査です。その間に検定試験もあります。このような日程の中毎日放課後は練習しています。早く、テニス部のことがたくさんアップできるよう努力します。

8月

16日・17日 新人大会西部地区1次予選(個人)が終了しました。天候が心配されましたが、予定通り実施され16日は女子ダブルス・17日は女子シングルでした。所沢商業女子硬式テニス部は現在1名しか部員がいないのですが弓道部から助っ人を借りシングル・ダブルス共に出場できました。結果は残念ながら、両試合とも初戦敗退でした。今年の夏休みは、私が3年進路担当で、部員も1年生が1名しかいないので合宿も出来ず、私がコートに行けない日も続き、ラリー練習はできず、練習試合も1回もしないで試合を迎えました。男子と合同練習もやりましたが、初心者の女子が1名だけ参加してもうまく練習が出来ず、結局今年の夏も例年通り、男女別の練習をしました。このような状況の中でもやれるだけのことをして、選手も全力で試合をしましたが残念な結果になりました。今後も状況は、変わらないのですが選手も公式戦を経験しましたし、2学期以降は練習試合も組むつもりでいますし、選手もしっかりやっているので春の大会では県大会出場を目指したいと思います。この状況の中で結果を出せれば、選手も私も自信になるし、周囲の評価も変わると思います。やるしかないので頑張ります。

6月

19日 審判技術講習会に川越運動公園に行ってきました。この行事は、埼玉県高体連テニス専門部が主催するテニスの技術講習会と審判の技術向上を指導するというものです。午前中は男女に分かれ、男子はダンロップ契約の宮路コーチと東京国際大学庭球部の大野コーチによる指導。女子は東京国際大学庭球部の佐藤コーチと吉村トレーナーによる指導を実施しました。体の作りからテニスをする際の正しい体の使い方を学習し、それに基づいてボールの打ち方を学びました。私は女子の方に参加しました。所沢商業でも実施していますが、体の正しい使い方の大切さを再認識しました。午後は、2時間ほど審判技術を学びました。私は審判部に属しているのでいっしょに生徒の指導をしました。まずは、ルールやコールに関する学習、スコアカードの記入の仕方、そしてコートに出て、声出しやムービングを指導しました。まずは大きい声を出すことが審判の基本なので、大きい声を出すこと、姿勢を良くすること、きびきび動くことを指導しました。これができない生徒が増えていて、学校ではテニスのボールの打ち方ばかりが指導されているように思えます。3時からは、宮路コーチによる技術講習会をしました。9:00〜17:00まで有意義な1日を過ごすことができました。行事を企画していただいた高体連テニス専門部の方、技術指導をしていただいた宮路コーチ、大野コーチ、佐藤コーチ、吉村トレーナー、東京国際大学庭球部の学生の方々に感謝申し上げます。所沢商業に戻って、通常の練習に取り入れたいともいます。


20日 3年生の卒業アルバムの撮影をしました。

5月

14日 関東高校県予選に智光山公園テニスコートに行ってきました。今回はダブルスとシングル2本の団体戦でした。結果は、残念ながら1回戦で草加東高校に1−2で敗退しました。3年生最後の公式戦でしたが力が出し切れずに残念でした。校長先生も休みの中、見学に来てくれました。ありがとうございました。これで3年生は現役引退ですが、また新チームで1つ1つ努力していきたいと思います。保護者の方も応援ありがとうございました。

16日 今年度初のミーティングを行いました。昨年度の総括や今年度のチーム目標を話し合いました。3年生は2年間本当によく頑張ったと思います。最後だけ結果が出ませんでしたが、3年生は2年間学んできたことをもとに新しいスタートを切ってほしいと思います。新チームになると人数が1名になりますが、人間万事塞翁が馬の精神で何があるかわかりませんので、少ない人数でしか出来ないことをしっかりやって今後につなげたいと思います。昨年度のチームテーマは「百折不撓」でしたが今年度は、みんなで話し合った結果女子テニス部五ヵ条を作ることになりました。
一 何事にも元気良く 二 ポジティブシンキンクで 三 目標達成に向けて努力し 四 昨日の自分より成長する 五 そして勝利を目指そう! です。
もうすぐ中間考査が始まるのでしばらくは勉強に専念し、練習は休みますが28日から、今年のチームテーマを念頭に置きながら練習再開したいと思います。

4月

 現在、新1年生大募集です。力を合わせ、練習の先にある勝利を目指しませんか?硬式女子テニス部は、高校時代頑張ったものとして確実にあなたを成長させてくれます。硬式女子テニス部は、所沢商業でしっかり活動している部活の一つだと思いますし結果も残しています。去年の卒業生も全員、就職・進学と希望した通りに進路を決めました。テニスは、みんなが楽しめるスポーツとして定着しています。ただ、自己流でやるには結構難しいスポーツです。だからこそ正しい練習をして、上達してみませんか。大人になってからも続けられるスポーツです。4月以降も募集は受け付けています。残念ながら現在女子テニス部の新1年生は1人しかいません。現在は、新3年生6名と新1年生1名の7名で活動中です。みんな仲も良く、良い雰囲気で楽しく練習しています。所沢商業硬式女子テニス部は、ほとんど歴史もなくこれからみんなで作っていく部活です。高校生活を充実させるためにも、ぜひ新1年生のみなさんテニスコートに足を運んでください。お待ちしています!!

16日〜 西部地区予選(個人戦)が始まりました。シングルは、あと1勝で県大会という所までいったのですが全員敗退してしまいました。ダブルスでは夏の新人大会に続き志村・高山ペア(3年国際流通科)が県大会出場を決めました。また、団体戦でも県大会出場が決まりました。

29日  関東高校県予選(県大会)女子ダブルスが東松山岩鼻運動公園にて実施されました。所沢商業からは志村・高山ペア(3年国際流通科)が出場しましたが1回戦で第4シードの秀明英光のペアと対戦し、0−6で敗退しました。テニスの技術はもちろん、体力面・精神面・フットワークと全てにおいて力負けしました。ただ、県のトップと対戦できたのは収穫になりました。県大会に出場すると本当に力のある選手と試合ができます。この経験を14日から始まる県の団体戦につなげたいと思います。応援ありがとうございました。

テニス部顧問 丸山より

 所沢商業に異動し3年が過ぎました。2年連続県大会(個人・団体)に出場し、出場選手の多くが私立高校の選手の中、数少ない公立高校として頑張っています。部員は本当によくやっていますが、残念ながら顧問の力が及ばず、新1年生が1人しか入部していないという現状です。外で活動している女子の部活動の人気がありません。ただ、現状の中でできる限りのことをやっていこうと思います。
 3年担任・進路指導・生徒指導・資格取得・テニスの常任委員そして部活動と毎年ハードですが、体調管理をしながら頑張りたいと思います。
 硬式女子テニス部に関しては、体の正しい使い方・基本の徹底に重点を置き、活気のある練習ができるよう指導していきたいと思います。保護者の皆様にもご迷惑をおかけしますが、ご協力よろしくお願いします。
 


2015年度

3月

5日 3年の送別会を食べ放題で実施しました。みんなで食べまくってきました。3年生お疲れさまでした。卒業しても新天地での健闘祈ってます。所沢商業テニス部パワーで頑張ってください。

   
みんな1日で体重を一気に増やしました。明日から練習でダイエットです。

20・21日 とんぼカップに出場しました。この大会は、所沢商業、埼玉平成高校、聖望学園、狭山ヶ丘、朝霞西、所沢中央、浦和商業、新座総合の8校で大会形式で行う合同練習試合で20日に3人ずつの予選リーグを実施し、1,2位の選手が21日の本戦トーナメントに出場します。本校の選手は6人全員がT部に出場し5人が本戦トーナメントに進みました。本戦トーナメントはベスト8までで全員敗退してしまいました。まだ、フットワークなど課題も多いのでしっかり練習したいと思います。とんぼカップの本戦ドローはこちらです。

27・28日・29日 大島杯に出場しました。この大会は、川越女子、川越南、和光国際、西武文理、細田、星野、西武台、市立川越、ふじみ野、坂戸、志木、所沢北、所沢西、所沢中央、所沢商業、朝霞西、入間向陽、(川口北、浦和商業 この2校は南部地区からのゲスト)の19校でトーナメント方式で行う合同練習試合で多くの西部地区の学校が参加する大会です。今回は学校の事情で埼玉平成や日本一にもなっている山村学園が出場していませんが、春の西部地区予選を占う重要な大会になっています。27日にダブルス、28日にシングルが実施されベスト8以上に残った選手が29日に戦いました。この大会で本校の志村(新3年)がシングルで4位入賞。そしてダブルスでは志村・高山ペア(新3年)がAトーナメントで準優勝をしました。本校の選手は、全員硬式テニス未経験者です。地道に基本から始めていきました。技術的、体力的にまだ未熟な部分がありますが、今まで地道に練習を繰り返してきた成果だと思います。これを自信に本番の4月の大会でも頑張りたいと思います。

           

シングル4位志村  ダブルス準優勝志村・高山ペア       集合写真            表彰式にて

大島杯のドローはこちら  ダブルス  シングルNo1  シングルNo2


2月

11日 埼玉平成高校でテニスの技術講習会を実施しました。ウインザーラケットショップ様の協力によりウインザーラケットショップ所属の樋口コーチによる講習を行いました。樋口コーチの講習は、所沢商業高校女子テニス部は何回か参加しており、体の正しい使い方やシンプルでわかりやすい技術向上のヒントをたくさん頂けます。早速普段の練習に取り入れて実施したいと思います。本校の硬式テニス部は保護者の方や学校関係者やテニスショップ等様々な方に協力していただいて成り立っています。私も赴任3年目ですが、昨年度から県大会に個人・団体共に出場できるようになりました。選手や協力していただける方全てに感謝の気持ちを忘れずに、県大会でも勝てるチームを作っていきたいです。今後とも応援よろしくお願いします。

集合写真

14日 The 30th Tennis Japan League(Final)を東京体育館で見てきました。この大会は、実業団テニスの日本一を決める大会です。昨年度も見に行きましたが、今年も観戦に行きました。日本の実業団のトップ選手が出場する大会で、どの試合もレベルが高くとても面白かったです。所沢商業の選手は、あんなショットは打てませんがフットワークやダブルスの動き方や姿勢や基本に忠実な打ち方や力強いショットを腕の力を抜いて体幹で打っていることや重心を落とし軸足の裏を踏ん張っているところなど参考になる所はいっぱいありました。イメージだけでもあんなショットを打てるよう練習したいともいます。


  入口でハイポーズ!!

 

1月

4日 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。コート整備をして、今年の抱負を全員、声出しでして初打ちをしました。みんな休み中も体を動かしていたようで、体を重そうにしていたのは、顧問だけでした。4月の個人戦を目標に今年も基礎から練習していこうと思います。

12月

20日 新人大会西部地区団体戦が川越初雁高校で実施されました。所沢商業高校は、A-U部に参加しましたが、1回戦で細田学園に1−2で敗退しました。
 これで今年の試合は、すべて終了しました。


 今年を振り返ると、まず4月の個人戦では地区予選で全員負けてしまい、県大会には出場できませんでした。しかし団体戦では地区予選を勝ち上がり県大会に進みました。1回戦で私の前任校である浦和商業高校と対戦し1−2で敗退しました。悔しい思いをしたので、夏の新人大会では個人・団体共に県大会に進み1勝できるよう練習に励みました。そして6月、狭山市の智光山公園で関東大会が実施され所沢商業高校の生徒も1年間研修をして審判員として派遣されました。この大会で日本の高校生のトップレベルの選手を、すぐ近くで見ることができ、とても勉強になったと同時に正確な審判をしなければいけないという緊張感も感じることができました。
 そして夏休みを迎え、とんぼカップや合宿、入間地区大会を経て8月に新人大会の予選が始まりました。個人戦で本校の志村・高山ペアが県大会出場を決め同時に団体戦も出場が決まりました。10月の県大会(個人)に出場しましたが、また1回戦で浦和東高校のペアに惜敗してしまいました。まだ基礎的な技術が足りないことや試合でプレッシャーに負けてしまう場面が見られました。なかなか県大会で1勝することが難しいです。
 同じ10月に、沖縄に修学旅行に行きました。沖縄を満喫し10月31日から県大会(団体)に出場しました。1回戦は同じ西部地区の朝霞西高校でした。1人けが人が出てベストメンバーが組めない中、なんとか3−2で勝つことができました。所沢商業高校、県大会初勝利でした。2回戦では、1つ1つの試合は接戦でしたが、越ケ谷高校に0−5で敗退しました。そして今回の大会です。
 今年は負けに始まり、途中いくつか勝つことができ、最後も負けで終わりましたが、2年連続で県大会に出場できたことや関東大会の審判員を経験するなど今までにないことを体験できました。今年も残りわずかですが、最後までしっかり基礎練習をしてX’masや正月で気分転換し、また来年から頑張りたいと思っています。
 今年1年応援ありがとうござました。来年もよろしくお願いします。

10月

4日 新人大会(県大会個人ダブルス)が大宮第二公園テニスコートで実施されました。
本校からは、高山・志村の2年生ペアが出場しました。
1回戦の対戦相手は浦和東高校の同じく2年生のペアでした。
3-3までは互角でしたが、第7ゲームでデュースが繰り返され、そのゲームを落とすと、向こうのペアがそのまま勢いに乗り3−6で敗退してしまいました。
勝てるチャンスは、ありましたが残念な試合でした。
敗因は、試合のスタートでの単発なラリーやサービスミスと、全体を通して打ち終わった後の次の動きの遅さ、1歩目のスタートの遅さ、ストロークで高い打点でとれないことが多いこと、ボールは見えているのですが相手のボレーヤーの動きが見えていないこと、試合に余裕がないことなどがありました。
すぐには修正できないと思いますが、次の団体戦に向けて同じ失敗を繰り返さないようにしたいと思います。
次は団体戦があります。県大会になると簡単に勝たせてくれる相手は一人もいません。
自分たちのミスを少なくし、相手のミスではなく、自分たちで得点を取れるように努力したいと思います。
応援ありがとうございました。

15・16・17日 沖縄へ2泊3日の修学旅行に行ってきました。
1日目はひめゆりの塔・平和祈念館での平和学習。2日目はマリン体験・美ら海水族館見学。
3日目は首里城見学・国際通り班別行動と盛りだくさんのスケジュールでしたが無事に終了しました。
天候は、すべて晴れだったのですが台風が近づいていて若干、風が強くマリン体験では、海に入れずマリンクラフト作りに変更になりました。
それ以外は予定通り実施され、全員が参加した修学旅行で楽しい思い出作りができました。

その中で女子テニス部では、朝5:00〜6:00まで朝練を実施しました。
当初の予定では軽くランニング等をして海辺に行き、沖縄の朝日を拝む予定でしたが北谷では日の出が6:30と遅く、日の出を見ることはできませんでしたが、ホテル周辺の散歩やヒルトンホテルの駐車場でのトレーニング等、生徒は沖縄での朝練を眠そうな目をこすりながら、埼玉とは違う満天の星空を見上げ楽しんでいました。
また、早朝トレーニングをしている外国人が多く、気分は海外練習でした。

       

宿泊した北谷ヒルトンホテルと朝練集合写真 

10月は、2・3日が文化祭。8日が体育祭。15日〜17日が沖縄修学旅行。27日〜30日が中間考査。
31日が新人大会(団体戦)と毎週行事が続く中、チームの結束を固め試合に臨みたいと思います。

団体戦のドローが決まりました。1回戦は朝霞西高校です。
県大会なのに1回戦は同じ西部地区同士の対戦と対戦となりました。頑張りたいと思います。


新人大会(団体)

31日 所沢商業高校が学校公開の日、私達は川越運動公園に新人大会(県団体戦)に行ってきました。
1回戦の対戦相手は朝霞西高校でした。所沢商業女子硬式テニス部は現在7名。
今回の団体戦はシングル3本、ダブルス2本の団体戦でメンバーが7人必要です。
つまり全員が出場メンバー補欠なしで、ベストメンバーでも苦しい戦いになるところ運悪く大会直前に1人けがをしてしまい、6人で試合をすることになりました。
シングルスNo3は、棄権の状態でスタートしました。
4本で3勝しなければならない苦しい試合だったのですが、なんとか1回戦は3勝2敗で勝つことができました。

2回戦の相手は越ケ谷高校でした。シングルスNo1は、東部地区の8位の選手で強豪ですが、必死で戦いました。
全ての試合が接戦になったのですが力及ばず0勝5敗で敗退しました。
でも、私が顧問になって3年目で県大会初勝利を手に入れることができました。
また、基本からやり直し次の試合は12月に西部地区団体戦があります。
本校は現在、西部地区の2部リーグなので1部リーグに昇格できるように頑張りたいと思います。
応援ありがとうございました。

9月

5・7日 新人大会西部地区2次予選が(個人戦)が北野総合運動場で実施されました。1日目にダブルス、2日目にシングルスが行われ、ダブルスで1次予選を勝ち抜いた高山・志村ペアが西武文理高校のペアに6−4で勝利し県大会出場を決めました。2日目のシングルスは雨天の試合で集中力を保って、普段通りのテニスをするのが厳しい中、コンソレーションまでは残りましたが、高山は山村学園の選手に、志村は西武文理の選手に敗退しました。これで県大会にはダブルスで出場決定となり同時に団体戦出場も個人で県大会に出場することが予選になっているので、その条件をクリアし出場が決まりました。2年連続県大会出場になりましたが、まだまだ上位の大会では所沢商業のテニスは通用しないので、しっかり基本を練習し10月3日から始まる県大会で、少しでもいい試合ができるよう頑張りたいと思います。保護者の方にも応援に来ていただきありがとうございました。

8月

6日 国公立大会(団体戦)が東松山岩鼻運動公園で実施されました。この試合は、シングル3人・ダブルス2ペアの7人で試合を行います。所沢商業は現在部員が7名のため、全員が試合に出場しました。1回戦は松伏高校と対戦し、3対2で勝ち、2回戦は浦和西高校と対戦し敗退しました。やはり部員が多い学校と対戦するのは、団体戦では応援から圧倒され苦しい展開になりますが、全員テニスで頑張りたいと思います。

16・17・18日 西部地区1次予選(個人戦)が各学校コート、公営コートで実施されました。16日はシングルが実施され、なんとか2年の高山、志村が1次予選を通過し、2次予選に進出を決めました。17日は、雨で翌日に順延となり18日にダブルスが実施されました。ダブルスでも高山・志村ペアが1次予選を通過しました。2次予選は9月5日から始まりますが、1次予選が終了したので少し夏休みにしたいと思います。選手はお疲れ様でした。宿題も頑張ってください!

      
所沢北高のNo1ダブルスと対戦7対5で接戦で勝利!!    待ち時間でボレーの確認

7月

4日 期末考査も終わり、部活が再開されました。今日は、合宿所の清掃をしてから新チームになって初めてのミーティングを開きました。昨年同様、みんなで今年度のチームのスローガンを考えました。今年度は「勝利を目指して百折不撓」に決まりました。勝つために負けても負けても何度でも諦めずに挑戦していこうという意味です。所沢商業は、今は、決して強いチームではありませんが着実に進化してきています。夏に向けて、まずは県大会目指して頑張りたいと思います。

19日 入間地区大会が実施されました。この大会は、学年別でシングルスの試合を行いました。2年生の志村がベスト16に残りました。ベスト8決めの試合では、残念ながら川越女子の1番手の選手に6−3で負けてしまいましたが善戦することができたので、次回はもっといい試合ができるよう頑張りたいと思います

22日〜25日 所沢商業高校合宿所で、3泊4日の夏合宿を行いました。昨年同様女子バレー部、ソフトボール部に今年は、女子バスケットボール部も加わり4つの部活で合同合宿をしました。朝は6時から朝練を始め、夜は9時過ぎまで練習しました。合宿中は暑かったですが、酷暑というほどでもなく誰も体調を崩さず、最後まで乗り切ってくれました。選手間の絆も深まったと思います。あとは、大会で少しでも合宿で身につけたことが結果につながればと思っています。3日目の夕食は、4つの部活合同でパーティーを学食でやりました。テニス部だけでなく、バレー部もソフトボール部もバスケットボール部もみんなで一緒に盛り上がりました。

    

26日 とんぼ練習会が東野高校で実施されました。今回は、ウインザーラケットショップの樋口コーチによるレッスンを受けました。午前中だけで時間は短かったのですが、今回のテーマは「効率の良い部活練習」と「正しい体の使い方」がテーマでした。みんな酷暑の中、しかも合宿の翌日という疲れの中、楽しくきびきびとやっていました。所沢商業テニス部は、本当に色々なコーチにテニスのレッスンをしてもらえます。顧問も生徒も大変感謝しています。これからも感謝の気持ちを忘れず、色々な方に支えられていることを忘れず、楽しくテニスをしていきたいです。

28日〜29日 第27回とんぼカップ(夏)が開催されました。この大会は、T部とU部に分かれ、T部がレギュラークラス、U部が準レギュラークラスで1日目が予選リーグ、2日目が決勝トーナメントでダブルスの試合を行いました。所沢商業は、全ペアが予選リーグを勝ち上がり決勝トーナメントに進出しました。T部では、2年の志村・高山ペアがベスト8、U部では2年の福田・川合ペアが準優勝しました。ただ、まだもったいないミスがたくさんあるので、8月の地区予選に向けてもっともっと基礎をしっかりしたいです。

6月

5日〜8日 中間考査も終わり、関東大会が始まりました。所沢商業女子テニス部は、この大会のために約1年間他校の生徒といっしょに審判研修を重ねてきました。本当は選手として参加したかったのですが、実力が足りず今回は、審判として参加しました。

5日 大会準備、最終打合せと開会式が行われました。

6日 団体戦が実施され、全試合が白熱し決勝が終了したのは夜の8時、その後表彰式が行われ、終了は夜の9時になりました。女子生徒や遠くの生徒は、6時に帰し、狭山市から近い生徒と男子生徒と教員で大会運営を実施しました。

7日 男女個人戦。シングルはQFまでダブルスはSFまで実施しました。

8日 男女個人戦の残りを実施しました。最終日は、全試合3セットマッチで行われ、審判員もなれない3セットマッチと主審・線審6人制に戸惑いながらも試合同様、すばらしい審判をしてくれて審判部の教員もホッとしたと同時に高校生の成長や吸収力の早さにびっくりしました。他県の教員も大勢視察に来ていて、全教員が埼玉県の高校生補助員たちを褒めてくれました。
審判補助員たちもこの大会で仲良くなり、最終日にはみんなで写真を撮りあったりと、選手同士のきずなも深まりましたが補助員同士のきずなも深まった素晴らしい大会になりました。これで関東大会も終了し、今度は選手として夏の大会に向け、基本から始めていきたいと思います。補助員の高校生たち本当にお疲れ様でした。

   
大会ポスター、開会式の様子です。業務が忙しく、写真を撮っている時間がなかったです。関東大会のWebページにたくさん写真が掲載されているので大会の様子は、そちらからどうぞ。
関東大会Webページ  ← 関東テニス大会(埼玉)特集
  
試合前の審判員の打合せ風景 所沢商業女子テニス部の審判員たち

21日 西部地区審判技術講習会が川越運動公園で実施されました。午前中はダンロップの宮地コーチ、昼に審判講習会と模擬試合、14:00からは東京国際大学の大野コーチによるテニスレッスンと盛りだくさんの1日でした。午前中の内容は、体の使い方とストローク中心のレッスン。昼は、審判部の教員による審判講習と川越東男子テニス部と立教新座男子テニス部によるダブルスの試合を西武文理の女子テニス部と所沢商業の女子テニス部の生徒が審判をするという内容の審判講習。14:00からはサーブ・ボレー・ゲーム形式のレッスンを実施しました。夏の大会に向け、体の使い方、テニスの技術のレベルアップをしてまずは地区大会の1次予選突破を目標に努力したいと思います。

 レッスン最後の記念撮影
 いつも、もっと写真を撮りたいと思っているのですが、自分が講習や球出しの手伝いをしているので
 写真が全然撮れません。((+_+))



5月

3日 所沢中央高校で関東高校団体戦の西部地区予選が行われました。先に行われた個人戦では県大会に出場することはできませんでしたが、団体戦では1回戦で所沢中央高校に2−1で勝利し、ブロック決勝は、市立川越高校に勝った入間向陽高校に3−0で勝ち、関東高校テニス県予選出場を決めました。昨年度の同大会では1回戦で入間向陽高校に1−2で惜敗したのでリベンジを果たすことができました。16日から始まる関東高校テニス県予選でも厳しい戦いになると思いますが頑張りたいと思います。

4日 川越運動公園にて関東高校テニス県予選(個人)のベスト8以上の男子の試合の審判をしてきました。6月の関東大会(埼玉開催)に向けてのラスト1カ月の審判練習になります。所沢商業の女子テニス部は、1年間かけて審判練習を重ねてきて、だいぶ上達してきましたが男子のトップレベルの試合になると球速も速く、関東大会出場をかけた選手の緊張感もあり、かなりプレッシャーがかかった中での審判になりました。このプレッシャーの中、毅然とした態度で堂々と審判ができました。本番の関東大会でも胸をはって審判を行いたいと思います。このプレッシャーは、必ず生徒のテニスのプレーにも生きてくると思います。

16日 東松山の岩鼻運動公園にて関東高校テニス県予選(団体)の試合があり、所沢商業は県の第1シードの山村学園がいるAブロックに入りました。1回戦は、私の前任校の浦和商業高校と対戦しました。全ての試合が接戦になり所沢商業は初戦のダブルスを落とし、次のシングル1は勝ち、最後のシングル2の勝負になりましたが接戦の末、1対2で敗退しました。また、夏に向けて練習したいと思います。これで3年生が現役引退となります。ただ今年は6月に関東大会(埼玉開催)の審判があるため3年生も6月までいっしょに練習していきます。夏に向けて新チームを作り1つ1つ壁を破っていきたいと思います。まずは中間考査に向けてしばらく勉強に専念します。

   

      開会式                     試合後記念撮影!

4月

 現在、新1年生大募集です。力を合わせ、練習の先にある勝利を目指しませんか?硬式女子テニス部は、高校時代頑張ったものとして確実にあなたを成長させてくれます。また、所沢商業では部活動は全員加入になっています。硬式女子テニス部は、所沢商業でしっかり活動している部活の一つだと思います。去年の卒業生も全員、就職・進学と希望した通りに進路を決めました。テニスは、みんなが楽しむスポーツとして定着しています。ただ、自己流でやるには結構難しいスポーツです。だからこそ正しい練習をして、上達してみませんか。大人になってからも続けられるスポーツです。4月以降も募集は受け付けています。残念ながら現在女子テニス部の新1年生は1人しかいません。新3年生と新2年生で一生懸命練習して、みんな仲も良く、良い雰囲気で楽しく練習しています。所沢商業硬式女子テニス部は、ほとんど歴史もなくこれからみんなで作っていく部活です。高校生活を充実させるためにも、ぜひ新1年生のみなさんテニスコートに足を運んでください。お待ちしています!!

22日・29日とテニスの専門業者にも来校してもらいラケットやシューズの説明や試打をしました。初めての硬式テニスのラケットを握って、とまどいながらも楽しそうにボールを打っていました。

テニス部顧問 丸山より

 所沢商業に異動し2年が過ぎました。今年は、飛躍の年にしたいと思います。今年も担任業務・部活動・進路指導・生徒指導・修学旅行・商業の授業・検定試験・英語事務局と昨年より、さらにハードになりそうですが、体調管理をしながら頑張りたいと思います。
 硬式女子テニス部に関しては、今年は関東大会が埼玉で開催され所沢商業硬式女子テニス部も審判として参加します。練習に関しては昨年同様、体の正しい使い方・基本の徹底に重点を置き、活気のある練習ができるよう指導していきたいと思います。保護者の皆様にもご迷惑をおかけしますが、ご協力よろしくお願いします。



2014年

4月

17日 新1年生が7人入部しました。去年は、2年生が2人しか入部しなかったため1年生が入部してくれないと新チームは、どうなってしまうのかちょっと不安でしたが、その心配は吹き飛びました。みんな明るく元気な生徒で、これから一緒にテニスの上達と昨年度あまり勝てなかったので少なくても昨年度よりは、良い成績を目指して頑張ります。

27日 所沢中央高校で関東高校団体戦の西部地区予選が行われました。結果は、1回戦で入間向陽高に1−2で惜敗しました。この試合で負けてしまったため早いですが、3年生が現役引退となります。次の試合からは、新チームでの試合になります。25年度は、本当に負け続けました。光明は、新2年生が順調に成長してくれたことです。ただ、新2年生は2人しかいないため26年度も、苦しい試合が続くと思いますが1年生を含め、新メンバーで基礎・基本からやり直しホップ・ステップ目指します。この大会で男子は、県大会出場を決めました。26年度は、女子も男子に負けないよう頑張ります。今後も応援よろしくお願いします。

5月

新チームになり初めてのミーティングを実施しました。内容は今年度のテーマ決めです。
テーマは、
〜Let's not give up Viva TC Tennis Girls!!〜 に決まりました。最後まで諦めない、すばらしい所沢商業女子テニス部という意味です。試合でも練習でも最後まで諦めない相手にとって嫌なチームになれるよう全員で頑張りたいと思います。

7月

29日・30日

西部地区の合同練習試合とんぼカップが開催されました。出場校は、埼玉平成・朝霞西・ふじみ野・東野・聖望・志木・浦和商業・所沢商業と規模は小さいですが、1部がレギュラークラス・2部が準レギュラークラスとレベル別に分けダブルスを1日目予選リーグ・2日目決勝トーナメントが実施されました。両日とも炎天下の中の試合で体調不良の選手も出ましたが、なんとか無事に終了しました。所沢商業は体調不良やけが人が多かったですが、全ペア予選リーグを勝ち抜き、本選トーナメントに進むことが出来ました。本戦トーナメントでは、上位に食い込むことは出来ず、1部トーナメントは埼玉平成のペアの優勝、2部トーナメントは朝霞西のペアが優勝と結果は残せませんでしたが、各自で課題を見つけ、8月6日から始まる国公立トーナメントに向けて少しでも勝ち残れるよう練習したいと思います。

27日

合宿の疲れもとれないまま、伊奈学園高校まで遠征して審判技術講習会に参加しました。この講習会は、来年度関東大会が埼玉の智光山公園で開催され、その際、審判員として所沢商業の生徒がスタッフとして参加するので審判の技術をスキルアップさせるために参加しました。参加した学校は、伊奈学園・大宮・浦和東・川口北・与野・越谷・所沢商業です。
練習したのは、主審を含めて4人制の審判のやり方です。地区大会や県大会レベルでは主審、副審の2人の敗者審判制を採用しているので関東大会・全国大会レベルの審判になるとやり方がだいぶ異なってきます。最初は所商の生徒も声が小さく、やり方にも戸惑っていましたが高校生は吸収力が早いので3時間後には結構さまになっていました。まだ関東大会に向けて1歩を踏み出したばかりですが、本番で埼玉県の代表としてしっかりやってもらいたいと思います。
もちろん選手として出場するのが目標ですが、来年度はスタッフとして参加し、日本の高校生のトップレベルのテニスを目の前で審判し自分のテニスのレベルアップに向けて何かを感じ取ってもらいたいと思います。

23日〜26日 

校内で昨年に引き続き合宿を行いました。今年も昨年同様、灼熱の太陽の中で実施されました。熱中症にならないように、20分程度練習するたびに少しずつ水分を補給し、塩飴を舐めたりして無事に3泊4日の合宿を全員乗り越えました。今年度は、ダブルスの強化をテーマに合宿しました。普段1日練習は、あまりできないのでボレー、スマッシュの基本練習・レシーブ練習・ダブルスのフォーメーション・ダブルスの試合を中心に練習しました。合宿前よりは、ダブルスも様になってきました。今後の試合で実践していきたいと思います。

楽しいイベントも実施しました。今年度は、バレー部とソフトボール部と合同合宿だったので3つの部活に顧問も加え、バレーボール大会を実施したり夏恒例の花火も、こじんまりやりました。また、今年も練習風景の写真がなかった・・・

バレーボール大会の様子                       全員で線香花火で競争!     みんなで仲良く手持ち花火!       ハイポーズ!

    

学食が毎日使えなかったのでテニス部全員で近くの台湾料理を食べにいったりとテニス7・遊び3になってしまいました。
合宿をやるとチームの一体感が増すと思います。試合で少しでも成果が出ることを願って、明日からも頑張りたいと思います。

期末考査も終わり、いよいよ夏の大会に向けて本格的に練習をする時期になりました。今年は、昨年度より早く新部長と副部長を決めることにしました。新部長は西潟、副部長は前川に決まりました。2人には、今まで以上に自覚を持って練習に取り組んでもらいたいなと思っています。

1年生のユニフォームを新調しました。昨年度オリジナルのユニフォームを制作し、色は燃える闘魂のにしましたが、今年は所沢商業のスクールカラーであるスカイブルーにしました。

昨年度のユニフォーム            今年のユニフォーム

    

8月

3日 

東京の有明コロシアムまで南関東総体2014を来年の埼玉関東の視察を兼ね生徒といっしょに試合を見に行きました。日本の高校テニスのトップレベルのプレーは見所満載で、とても勉強になりました。全てはまねできませんが、まねできるところは少しでも選手に吸収してもらいたいです。今回は、選手のプレーだけではなく、審判員の見学も目的でした。見学した試合は、柳川vs県岐阜商のダブルス・シングル1そして浜松市立vs東海大菅生のダブルスを見学しました。両試合とも大熱戦で灼熱の太陽の中、1試合3時間近くかかった3セットマッチでした。選手はもちろんですが、審判も大変な重労働でした。
東京の高校生が審判をしていましたが、みんな堂々と審判業務をこなしていました。埼玉県の高校生には東京以上の審判を期待したいと思います。まずは、声の大きさ・姿勢の良さ・正確なジャッジ・ムービングの速さを目指します。審判業務は縁の下の力持ちですが、審判がしっかりしないと選手は気持ち良くプレーが出来ません。テニス競技は、数少ない先生が審判をやらず生徒にさせる競技です。ここから生徒は色々なことを学んでもらいたいと思います。私は埼玉県の高校生がスムーズに動けるよう指示を出すよう努力し、選手が気持ちよくプレーできるような審判が出来るよう努力させたいと思います。そして各自のテニスのスキルも上げてくれることを期待します。


          有明コロシアムの入り口でハイポーズ      
   
                    
柳川vs県岐阜商(男子の試合を女子が審判してました。とても大きな声でした)浜松市立vs東海大菅生

6日 

国公立大会が実施されました。場所は、そうか公園と所沢商業からは、遠い会場でしたがオムニコートの広い会場でとてもきれいな所でした。試合は団体戦で新人大会の団体戦同様シングル3本・ダブルス2本で行われました。結果は1回戦で蕨高校に負けてしまいました。所沢商業の選手は現在けが人や体調不良のものが多くコンディションは、最悪でしたが実力を出せれば勝てる試合だったと思います。敗因はチャンスボールをしっかり決められない。大きいボールは大きく返す。短いボールは短く返す。1歩目を早く出して足をしっかり動かし手打ちにならないようフットワークの強化するという基本がまだ出来ていない。接戦になると、びびるという精神面の弱さが感じられました。すぐに克服は出来ないと思いますが、選手は試合に勝ちたいといっています。それならば顧問は勝てるように選手を育てるのが仕事だと思います。個人戦まで残りわずかですが頑張りたいと思います。

16・17日

新人大会個人戦が実施されました。今までの酷暑から一転して、秋を感じさせるような気温の中、県大会を目指してダブルスとシングルスがスタートしました。1次予選は20数名(ペア)のブロックの中から上位4人(ペア)を選出し、9月6日から始まる2次予選進出者を決めるものです。
16日にダブルスが実施され所沢商業の選手たちは善戦しましたが、あと1歩の所で2次予選に残れませんでした。
17日はシングルスが実施され、前日の気持ちを切り替えて望みました。全選手1回戦は突破しましたが、2,3回戦になるとブロックシードの選手とあたり苦戦を強いられました。その中で2年前川(副部長)が3回戦所沢西の選手との接戦を制し、ベスト4に残りました。ブロック準決勝では、ブロック第1シードの埼玉平成の選手に敗退しましたが、その後の3位決定戦で川越南の選手に勝利し、2位決定戦でもブロック第2シードの西武台の選手に7−5で接戦を制しブロック2位で2次予選進出を決めました。
昨年度は、ほとんど勝てませんでしたが、今年は全選手、少し成長してくれました。前川は、決してテニスの上手なプレーヤーではないですが、フットワークの良い選手で最後まで諦めない強い気持ちを持っている選手です。そのような選手が勝ち残り、顧問としても嬉しかったです。
9月の2次予選でも力が全て出せるよう努力させたいと思います。応援よろしくお願いします。 


18日

北野運動公園で合同練習試合を行いました。前日まで涼しかったのに、また酷暑に戻りました。70ペア以上の選手を集めレベル別にダブルスを行いました。1次予選は終了しているのでペアも変更し、今まであまり試せなかったフォーメーション等も練習できました。2次予選に残っている選手たちも多い中、所沢商業の選手も互角に勝負できました。ただ、まだ安定感に欠けるところや手打ちが多いのでフットワーク、反応速度、2ndサーブ、レシーブ力の強化など数多くの課題を克服しないといけないなと思いました。8月後半から練習していきたいと思います。
選手達お疲れ様でした。ちょっとお休みにするので宿題もやって体調も整えるように。

北野運動公園集合風景 →

 

9月

1日 

2学期が始まりました。8月後半から練習を再開し、とても涼しい気候や冷たい雨に秋を感じ、さびしい感じもしますが2次予選突破に向けて努力したいとも思います。何かと忙しい学期ですが、また頑張ります。

8日 

北野運動公園で新人大会西部地区2次予選が実施されました。本校からは2年の前川が出場し西武文理の選手に7−5で接戦を制し県大会出場を果たしました。まだまだ所沢商業女子テニス部の実力は足りませんが、昨年度は地区予選の1回戦敗退が多い中、今年は何とか県大会出場まで来れたのでこれからも少しずつテニスの実力も上げ、人間的にも成長できるよう顧問、生徒とも努力したいと思います。

27日 

大宮第2公園で新人大会県大会個人女子シングルスが実施されました。本校からは2年の前川が出場しました。
1回戦から県の第4シードの浦和東高校の選手と対戦し1−6で敗退しました。実力的に惨敗です。ただ1ゲーム取れたというのは次につながる試合ができたのかなと思いました。
昨年度地区予選1回戦敗退ということを考えれば地区予選を勝ち上がり県大会まで進んだというのは生徒が、よく頑張ったと思いました。スケジュール的にも学校の文化祭と日程が重なり、今回は個人戦だったので、文化祭参加組と県大会応援組に別れ参加しました。
応援した生徒も地区代表選手のテニスに刺激を受け、試合終了後すぐ学校に戻り、文化祭に参加し、放課後の練習は生徒も疲れているので自主練習にしたのですが、暗くなるまで生徒はボールを打っていました。
まだまだ弱い所沢商業女子テニス部ですが少しずつ色々なことを経験し、新しい歴史を作ろうと思います。

28日 

昨日に引き続き大宮第2公園に行ってきました。昨日負けたのになんで所沢商業の選手が大宮まで行くのとお思いでしょうが、今日は来年度の6月に実施される関東大会(埼玉県開催)の審判をやるために男子ダブルスに行ってきました。
2年生は校内で情報処理検定があるため1年生のみで参加しました。
男子ダブルスの3回戦以降を伊奈学園・川口北・県立川口・与野の男子選手が4人制審判をやるのを西武文理と所沢商業の女子で見学勉強させてもらいました。
日頃審判練習をきちんとやっている学校だけあって声も大きくムービングも機敏で待っている時の姿勢も良かったです。
南部地区の審判と比べると西部地区の審判の技術は、かなり劣っていると思います。
審判の技術向上がテニスの技術向上にもつながると思うので所沢商業は、審判技術の向上も目指します。
来年の6月の関東大会ではチーム埼玉の一員として胸を張れるように努力してもらいたいです。

10月

5日 

荒天の中、伊奈学園まで審判講習会に行ってきました。本来ならば室内で埼玉県テニス協会の審判員から講習を受け、コートで実践するという予定でしたが雨の為、室内講習のみになりました。生徒の人数が200人を超えるため午前中と午後に分かれ実施しました。学校でも審判のやり方は教えるのですが、高校の地区大会や県大会では審判が主審・副審の2人制で実施しますが関東大会以上になると主審・サービスアンパイア・ラインアンパイア2人の4人制以上の審判で実施します。関東大会以上の大会にならないと実施されないため4人制以上の審判については残念ながら所沢商業では、教えたり目にしたりする機会は、ほとんどありませんでした。そのため生徒にとって大変勉強になった講習会でした。かなり細かいところまで指導が入り生徒も戸惑う部分もありましたが、良い経験になったと思います。あとは、実践して経験を積むことが大切になってくると思います。来年の関東大会までに埼玉県の審判員は、素晴らしいといわれるような審判員を育成出来たらなと思っています。

伊奈学園での講習会の様子

16日

埼玉平成高校で技術講習会に行ってきました。テーマは気持ちを変える、そしてテニスの正しい体の使い方です。コーチは、ウィンザーラケットショップ所属の樋口コーチに教えてもらいました。所沢商業の女子は、手打ちテニスが多いのでとてもためになりました。フットワークの大切さや正しい動き方、手首もルーズな生徒が多いので手首を固定させ安定感を出すことや、軸足への意識等を中心にシンプルですが楽しくためになる練習ができました。学校に戻っても継続して練習していこうと思っています。また球出し練習で、できることがラリーや試合になると意識が薄れてしまうことへの対策のコツなども教えてもらいました。あとは、生徒の意識の変化と行動の変化を待ちたいと思います。


  

25日

新人大会(県大会 団体)が東松山岩鼻運動公園で実施されました。1回戦は栄北高校と対戦しました。結果は、0−5で敗退しました。内容は、あまり良くなく団体戦の緊張からか、いつもの力が出せないまま終わってしまいました。ダブルスを取りにいったのですが、選手は中途半端なロブが多く、ストロークも相手のボレーヤーの位置を確認しないまま甘いボールを打ってしまったりと苦しい試合展開でした。相手に5ゲーム取られてから選手も開き直ったのかいいショットを打ち始めましたが、反撃すでに遅く敗退してしまいました。この敗戦を次につなげたいと思います。

11月

2日 

1年生大会予選リーグが伊奈学園で実施されました。所沢商業は、Aブロックに入り、相手は伊奈学園・春日部女子・栄東高校でした。1年生大会はダブルス3本で実施し2本とったチームが勝ちという試合方式です。所沢商業は、1年生が全部で6人しかいないため全選手すべての試合に出ました。Aブロックは、ダブルスの1,2がどの学校も結構強く、厳しい試合展開でした。全ての試合、接戦になるのですが結局すべての試合に負け、完敗でした。もう一度、走り込みやフットワーク、体作りからやり直さないといけないなと思いました。そして元気よく試合を行い気合だけでも負けないようにしなくてはと反省しました。毎試合反省が多いですが、どの試合も接戦には、なっているのでそんなに力の差は、感じてはいません。前を向き、1つ1つ課題をこなしていきたいと思います。

14日

東松山岩鼻運動公園で1年生大会の男子決勝トーナメントが実施されました。なぜ女子が男子の試合に行ったのか、それは審判として行ってきました。男子のボールは、女子より速く、そのボールを女子が正確にジャッジするのは、難しいところもあるのですが関東大会では、もっと際どい所に速いボールがくるので、審判練習にはとても良かったです。所沢商業の女子もだいぶ声が大きくなり、男子よりも響く良い声で審判ができました。線審も声が大きく、ムービングやジャッジも機敏になり、待っている時の姿勢も良くなりました。あとは、審判同士のアイコンタクトやレットのジャッジ、そしてトラブル対応が落ち着いて、できればなんとか関東大会でも審判ができるのではないかと思います。これからも来年の6月に向けて審判の技術の向上を目指します。

12月

21日 

西部地区団体戦(複1単2)の代表戦が川越運動公園で実施されました。西部地区団体戦は1部リーグが8校。2部リーグがその他の全ての学校で約20校程度で3チーム程度のリーグ戦を実施しリーグ戦を優勝したチームが決勝トーナメントに出場し優勝を争います。所沢商業は、2部リーグに属していて予選リーグは、聖望学園と筑波大坂戸と対戦しました。両対戦とも3対0で快勝し1位で決勝トーナメントに進出しました。決勝トーナメントには6校が出場し、1回戦の相手は坂戸高校でした。予選のような快勝は、できませんでしたが2対1で接戦を制し第1シードのふじみ野高校と対戦しました。この試合は惜しくも1対2で敗退し3位決定戦に進みました。3位決定戦の相手は西武文理高校でした。西武文理高校の実力は現在、所沢商業と同程度であり夏の個人戦でも常に接戦をしていました。試合は1対2で惜敗し結果は、4位でした。No1は勝利しましたが、No2、No3がまだ相手校の方が上でした。ただ、課題は見えているので次回対戦した時は、勝てるよう来年の春に向けて練習をしたいです。

26日 

西部地区団体戦(複1単2)のBチーム戦がふじみ野高校で実施されました。この試合は、各校の準レギュラーの選手たちの試合です。本来は23日に実施される予定でしたが、コート状態が悪く26日に延期されました。所沢商業Bはふじみ野Bと所沢北Cと対戦しました。両試合とも接戦でしたが1対2で敗退し3位になり、1月11日にB3位トーナメントに進出することになりました。準レギュラーになるとバックハンドがあまり打てないとか、ストロークが安定していないとか、ボレーが苦手とか、サービスが安定していないとか、短いボールの判断が遅い等レギュラーチームに比べ弱点がはっきりしていました。もっと基本練習をしないとダメだということを痛感しました。ただ、準レギュラーの選手も一生懸命練習しているので、1月11日にB3位トーナメントですが優勝目指して頑張りたいと思います。

27日 

今日が年内の練習の最終日でした。練習は、軽めに切り上げコート整備や部室や倉庫の掃除をしました。今年は昨年度と比べると練習内容も試合結果等も成果が出ていると思います。急には勝てるようにならないので、あせらず少しずつ正しい練習をして楽しくレベルアップを図りたいと思います。選手は4月からお疲れ様でした。少し休憩をしてリフレッシュして、また1月4日から頑張りましょう。保護者の方もご協力ありがとうございました。

1月

11日 

西部地区団体戦(複1単2)のB戦トーナメントが所沢商業高校で実施されました。残念ながら負けてしまいましたが、以前なら打てなかったショットが出たり、良いフットワークがあったり、粘り強さがでてきたり、練習の成果が見られました。あとは、良いショットをもっとコントロークよく打つ、チャンスボールを確実に決める、厳しいショットを打たれた時、スライスやロブでさばいて態勢を整える、短いボールへの対応をもっと良くするなどしていけば必ず勝てるようになると思いました。3月まで試合はないのでその時までにもう少しレベルアップを目指します。

2月

15日 

今日は、第29回テニス日本リーグを見学に東京体育館に行きました。テニス日本リーグは、日本の企業チームの最高峰のテニス団体戦です。各地域から予選を勝ち上がってきたチームが戦っています。15日は、決勝で男子はイカイvs三菱電機、女子は島津製作所vs橋本総業の試合でした。どの試合も素晴らしい試合で生徒も自分も興奮しながら観戦していました。結果は、男子が三菱電機、女子が島津製作所で共に初優勝でした。


 この試合を見に行ったのは試合を見るだけではなく、6月5日から高校生の関東大会が狭山の智光山公園で実施されます。所沢商業の女子生徒も審判として参加するため、実際の公認審判員の審判のやり方を見学するのも目的の一つでした。どちらの目的も充分果たせました。日本一の選手と同じプレーはできませんが、まねできるところもあります。今後の練習に生かし、3月からの大会に生かせるよう練習していきたいと思います。




3月

13日 

今日は、卒業式でした。卒業式後、3年生を迎えて送別会をやりました。時間は1時間ほどでしたが、卒業生に記念品を渡したり、在校生に言葉をもらったり、卒業生があいさつしたり、顧問が話したり、写真を撮ったりわきあいあいの送別会でした。4月からそれぞれの道を歩んでいくわけですが自分の夢や希望に向け1歩ずつ、体調を崩すことなく進んでいくことを祈ってます。3年生頑張って!!

15日・21日

とんぼカップという、西部地区合同の練習試合がありました。15日が予戦リーグ、21日が予戦を勝ち残った者の本戦トーナメントでした。規模は小規模ですが、埼玉平成・聖望学園・狭山ヶ丘・入間向陽・東野・朝霞西・ふじみ野・浦和商業・所沢商業の9校が参加しました。21日の本戦トーナメントは毎年、白熱した試合が行われますが、今年は例年以上に学校間の力が拮抗しており、好試合が見られました。所沢商業は部員8名全員が予選を勝ち抜き、本戦トーナメントに出場しました。本戦のT部トーナメントでは、残念ながら上位に入ることはできませんでしたがU部トーナメントでは、1年の鈴木が4位に入賞しました。26日から大島杯という、とんぼカップよりも規模が大きい試合が始まります。大島杯でも少しでも上位に食い込めるよう頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします。

22日

本日は、第6回審判講習会が本校で実施されました。第5回の審判講習会に参加できなかった学校が集まって、午前は本校視聴覚室で関東大会の審判必携を使って、主審・線審の講習会。午後は、テニスコートで実技講習を行いました。参加校は、川口北・与野・八潮南・所沢商業でした。指導者は、埼玉県テニス常任委員の審判部の8名の教員で実施しました。生徒達も6月の関東大会の審判に向け、熱心に行っていました。30・31日には関東のプレ大会である狭山茶杯が、狭山市の智光山公園で開催されます。その大会が関東大会の最後のリハーサルになるので、そこまでに出来るだけ完璧になるよう教員、生徒共々頑張りたいと思います。

30日・31日

狭山市の智光山公園テニスコートにて埼玉関東リハーサル大会(狭山茶杯)が開催されました。関東の強豪校を埼玉に集め団体戦形式の強化試合として行われました。所沢商業の女子部員が審判員として参加しました。今まで審判講習会を行ってきて、このリハーサル大会で本番同様の実戦形式で行いました。試合は、予想通りハイレベルな試合が続きました。多少のミスジャッジは、ありましたが、みんな大きな声を出し、姿勢も良く、ムービングも機敏にできました。6月の本番に向け、さらにレベルアップを目指したいと思います。

      

                        朝の諸注意を聞く審判員たち            開会式に参加する審判員
    
    開会式                     試合の様子

ページトップへ